メニュー

リーヴェの事業内容

改修工事一式・管理

マンションやビルでは、10年毎に建物の大規模改修工事が行われます。
建物を出来るだけよい状態で長く維持できるように、しっかりと検定し満足される大規模改修工事・管理を行っていただきたいと思います。
お客様からのご相談のもと、現場の診断・調査を行ってから、最適な工事内容をご提案いたします。

総合防水工事

防水工事は、建造物にの雨風にさらされる部分を工事することにより、建物内部に雨水が染み込むのを防ぎます。
一般的な鉄筋コンクリート製建造物には多少のひび割れが存在しているため年月と共にそのわずかなひび割れが大きくなり、水漏れの原因になります。
当社では、水漏れを防止する様々な工夫を用いて、最適な住居環境を整えます。

当社の防水工事

  • 塩ビシート防水工事
  • ウレタン塗装防水
  • アスファルトシート防水
  • ゴムシート防水
  • 長尺シート防水
  • シーリング工事

塗装工事

外壁塗装や屋根塗装などをメインに行います。
先ずは建物の状況を確認後、塗料や施工方法などお客様のご希望に沿った形で提案させていただきます。
タイル面や塗装の下地も可能です。また、タイル面の浮きを部分的に抑える工事も可能です。

外壁調査・補修

耐久性のある鉄筋コンクリート造の建物でも、経年と共に材料の強度や性能に老朽化・劣化が顕れます。
そこで、外壁の補修工事の基礎資料や外壁の現状把握のために外壁調査を行います。

  • 打診調査
    打診用ハンマーで壁面を打診し、確認します。
  • ひび割れ調査
    クラックスケールでひび割れ幅・長さを測定します。
  • 欠損調査
    欠損部を測定・記録します。
  • 劣化状態調査
    タイル欠損・白華現象(コンクリート製品、レンガには起こりうる、白い粉が表面に浮き出る現象)・タイルの欠け・剥離・亀裂・発錆・ガラス・シーリングの劣化が無いか確認します。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME